​プラチカ

学習支援グリーン.png

遊びながら
楽しく無理なく
勉強しよう。

発達に課題のある小学校高学年、中学生を主に対象とした放課後等デイサービスです。

基礎学力の向上を目的とした個別の学習支援を行ないながら、

大人や社会との関りや、同じ悩みを持った仲間たちとの交流を大切にした

「プラチカにしかない居心地の提供」をコンセプトにした支援を行なっています。

 
IMG_0102.jpg

学校にもない、

家庭にもない、

ここにしかない居心地を。

小学校生活も高学年になるにつれ、勉強の遅れや人間関係の構築の難しさが気になるようになります。学習内容が複雑化・抽象化していくにつれて学習に対する苦手意識が強くなっていく中、学校や家庭だけでは乗り越えられない壁に当たることも増えていくでしょう。

コモド プラチカでは、お子さんの学習段階を見極め、適切なカカワリを築くことによって、お子さん自身が「できる!」という気持ちを感じられる支援をおこないます。そして、ただの「勉強を教わる場所」「勉強を教える大人」としての存在ではなく、プラチカに出会えて良かったと心から感じてもらえるような子どもたちにとっての「特別な場所」の提供を行ってまいります。

IMG_0033.jpg

プラチカの学習支援は

オーダーメード。

プラチカの学習支援は、それぞれのお子さんの学習段階を見極め、前学年や前単元の学習を進めていく等、まずはしっかりとアセスメントした上でその子にあった学習方法を確定していきます。教材は、オリジナルの教材や学校の教材、市販されている教材等、その時々で必要と思われるものをチョイスし学習を進めていきます。学習内容の理解を促すための支援ツールは、その都度ニーズに合わせて導入していきます。

例えば、掛け算の学習を行っているお子さんが、まだ足し算も曖昧な状態であれば、掛け算をひたすら練習するのではなく、足し算の基礎をしっかり固めるために、職員とともに足し算の学習を進めていきます。そのときに、ただ足し算を繰り返すのではなく、なぜそこで躓くのかということを多角的に分析し、そのお子さんに合った学習方法を見つけていきます。

個々の能力を見極め、設定した目標に向かってそれぞれに見合った教材と学習方法を組み立てていく。組み立て方は子どもの数だけ。これがプラチカの考える「オーダーメードの支援」です。

わたしたちと一緒に勉強も遊びも楽しもう!

 
2020_edited.jpg

児童発達支援管理責任者

戸島 哲也

児童指導員

​川島 大地

施設長

小原 俊彦

児童指導員

​布施 彰子

見学お申込み・お問い合わせ

送信ありがとうございました

 
放課後等デイサービス
プラチカロゴグリーン.png
  • Facebook
〒063-0813
札幌市西区琴似3条6丁目1-22 エイトビル2階
お電話でのお問い合わせはこちら
TEL011-215-7691(担当:小原)